大妻中学高等学校で”AIとディープラーニング”WS(カリキュラム-1)を開催しました。

スポンサー:(株)日本HP
2019年2月9日(土)に大妻中学高等学校”AIとディープラーニング”のWSを行いました。
今回はAIに興味のある女子高校生1,2年生8名が参加しました。
目標は、AIとディープラーニングの仕組みを知り、AIが社会に及ぼす影響を考察することです。??????????????????????????????? OLYMPUS DIGITAL CAMERA
AIによって未来の社会がどう変わるのか、AIを活用することで女性の活躍の場が広がるのではないか。。。

高校生向けの”AIとディープラーニング”WSの報告記事は下記Webアドレスに掲載しています。
Webアドレス:http://www.npo-ssk.com/wp-content/uploads/2019/03/2fe24381d68a3c3baaf6cd937bf66c8e2.pdf
AIのWSに関するお問い合わせに関しては、下記Webページにアクセスして下さい。
Webアドレス: http://www.npo-ssk.com/?page_id=21

2019年3月2日

2020年の小学校におけるプログラミング教育のモデル授業を江東区で実施しました。

   スポンサー:(株)日本HP
江東区教育委員会からの要請で、2月1日に毛利小学校4年生全員を対象としたプログラミングの授業(90分)を行いました。
実施モデルとしては、(株)日本HPが全国で進めているHP e-Education Initiativeを活用しました。
HP e-Education Initiativeでは、NPO法人SSKが高校生にプログラミングと小学校での授業の進め方を指導し、
高校生が小学校でプログラミングを教えるという授業モデルです。???????????????????????????????

今回は東京都立科学技術高等学校の協力を得て、高校1,2年生11名が参加しました。
2クラス並行で授業を行い、各クラス1名の高校生ファシリテーターと小学生5,6名に1名の高校生サポータ―が付きました。???????????????????????????????
江東区教育委員会が12月ごろ開催するプログラミング教育の研究発表会でも本活動が紹介される予定です。

      

 

2019年3月2日

広島県立広島国泰寺高等学校で”AIとディープラーニング”WS(カリキュラム-1)を開催しました。

スポンサー:マイクロン財団

2018年12月18日(火)に広島県立広島国泰寺高等学校で”AIとディープラーニング”のWSを行いました。

今回は理数コース高校生1年生2クラス全員79名が参加しました。

目標は、AIの開発事例を学び、AIとディープラーニングの仕組みを知ることです。

7-8名1チームになり、チームごとにAIの開発をシュミレーションして、開発したAIの能力を競いました。

 

高校生向けの”AIとディープラーニング”WSの報告記事は下記Webアドレスに掲載しています。

Webアドレス:http://www.npo-ssk.com/wp-content/uploads/2019/03/2fe24381d68a3c3baaf6cd937bf66c8e2.pdf

2019年3月2日

mBot(ロボット)を使ったプログラミングワークショップ参加者募集中(京都)

*スーパーサイエンスキッズ関西では”mBot”ロボットを使ったプログラミングワークショップへの参加者を募集中です。

開催日時: 2019年3月10(日)  13時~17時makeblock-mbot-pink-stem-educational-programmable-robot-24g-version makeblock-mbot-blue-stem-educational-programmable-robot
場所  : 京都 こどもみらい館 4階 会議室
対象  : 小学3年生~中学3年生
募集人数: 5名
参加費 : 3000円
内容  : “mBot”でロボットの仕組みを学び、mBlock(クラッチ)でプログラミングして動かそう!
~”mBot”(1人1台)を使って、ロボットの仕組みを学び、mBlock(スクラッチ)でプログラミングして動かします。~
1.ロボットって?
2.”mBot”はどのようにして動くの?
センサー類の場所やその機能を説明。リモコンを使ってその機能を確認。
(なお、”mBot”は組み立て済みの完成品にて行います)
3.PCで”mBot”を動かしてみよう!
*mBlock(スクラッチ)の基本機能を説明
*”mBot”を制御するためのソフトを”mBot”にダウンロード
mBlock(スクラッチ)で簡単な命令を”mBot”に送り、リモコンで機能を確認した内容と同じ動きをさせる。
4.ライントレースするためのプログラミングを学ぶ。
5.自分たちが考えた動きをmBlock(スクラッチ)でプログラミング(自由制作)

 参加申し込みはWS開催情報から!

なお、次回は6月ごろに開催を予定しています。

2019年3月1日

第2回スクラッチプログラミングコンテスト(関西地区)の結果発表

スーパーサイエンスキッズ関西では、昨年も実施した「スクラッチプログラミングコンテスト」を実施しました。10月末に応募を締切厳正に審査した結果、以下の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

最優秀賞: 盛尾 悠介くん (中学3年生 大阪府堺市在住)
優秀賞 : 名田 慶くん  (小学4年生 京都府京都市在住)
優秀賞 : 外園 瑛太くん (小学4年生 滋賀県大津市在住)

なお、受賞作品は以下のサイトで見ることができます。

https://scratch.mit.edu/studios/5678853/

 

 

2018年12月26日

mBot(ロボット)を使ったプログラミングワークショップ開催案内(京都)

*スーパーサイエンスキッズ関西では”mBot”ロボットを使ったプログラミングワークショップを以下のように開催します。

開催日時: 2018年11月25日(日)  13時~17時makeblock-mbot-blue-stem-educational-programmable-robot makeblock-mbot-pink-stem-educational-programmable-robot-24g-version
場所  : 京都 こどもみらい館 4階 会議室
対象  : 小学4年生~中学3年生
募集人数: 4名
参加費 : 3000円
内容  : “mBot”でロボットの仕組みを学び、mBlock(クラッチ)でプログラミングして動かそう!
~”mBot”(1人1台)を使って、ロボットの仕組みを学び、mBlock(スクラッチ)でプログラミングして動かします。~
1.ロボットって?
2.”mBot”はどのようにして動くの?
センサー類の場所やその機能を説明。リモコンを使ってその機能を確認。
(なお、”mBot”は組み立て済みの完成品にて行います)
3.PCで”mBot”を動かしてみよう!
*mBlock(スクラッチ)の基本機能を説明
*”mBot”を制御するためのソフトを”mBot”にダウンロード
mBlock(スクラッチ)で簡単な命令を”mBot”に送り、リモコンで機能を確認した内容と同じ動きをさせる。
4.ライントレースするためのプログラミングを学ぶ。
5.自分たちが考えた動きをスクラッチでプログラミング(自由制作)
  

参加申し込みはWS開催情報から!

なお、次回開催予定は以下の通りです。
2018年12月16日(日)午後 対象:小学3年生~中学3年生

2018年10月1日

灘高等学校で”AIとディープラーニング”のWS(ワークショップ)を開催しました

623日(土)に灘高等学校の土曜講座で、”AIとディープラーニング”のWSを行いました。今回はプログラミング経験のある生徒さん20名が対象です。目標は、AIとディープラーニングの仕組みを知り、AIの開発を体験学習することです。

今回のWSは、(株)日本HPe-Education Initiativeに協賛して実施しました。

高校生向けの”AIとディープラーニング”のWSにご関心のある方は、下記Webページにアクセスして下さい。

Webアドレス:http://www.npo-ssk.com/wp-content/uploads/2018/06/d06e00bba5f4e0a5c9a7fcde7cbeac1c.pdf

2018年6月29日

東京・恵比寿で夏休みワークショップが開催されます。

7月から9月末まで、恵比寿ガーデンプレイスタワー 31階にある日本ヒューレット・パッカード(株) 恵比寿事業所でもWS(ワークショップ)を開催します。

関東の西側にお住まいの方に便利な場所に教室ができました。

上記期間は、従来の(株)日本HP 本社 (江東区大島)と渋谷区恵比寿の2か所で開催します。

WSの開催予定は、SSKWebサイトのWS開催一覧のページをご覧ください。

Webサイト: https://www.npo-ssk.com/schedule/index.php?mode=plan&work=skip

 

 

2018年6月8日

”スクラッチデーin京都2018” に多くの皆さんに参加いただきました!

”スクラッチデーin京都2018”には、プログラミング体験ワークショップ午前の部に24名、午後の部には25名のこども達が参加し、スクラッチプログラミングを体験してもらいました。また、プログラミング相談会には3名のこども達が製作中の作品ファイルを持参して、サポーターから作品作りへのアイデアや助言を受けました。体験ワークショップに参加したこども達は終了後、スクラッチでプログラミングして動くロボット(mBot)実演を見学しました。当日は大雨が降り足元も悪い中、キャンセルも少なく保護者の方たちを含めると100名を近くの方たちに参加していただきました。スーパーサイエンスキッズとしては昨年に続いて2回目のイベントでしたが、このようにたくさんの方々に参加していただき感謝しております。

主催者:立命館大学情報理工学部協調メディア学科 教授 高田 秀志
NPO法人スーパーサイエンスキッズ関西事務局    小野寺 務

IMG_0172 IMG_0174 IMG_0177

 

 

2018年5月18日