トップページ

小学生・中学生を対象としたスクラッチやスクイーク(Etoys)を使った「プログラミング・ワークショップ」やグローバル人材の育成のために「英語とプログラミング教室」を開催しています。NPO法人ならではの、少人数制で手厚いサポートのもと、それぞれのレベルに応じた、判りやすく創造性を刺激する、子ども主体の学習指導を行います。また、2015年度に開校した「SSKアカデミー」では、海外研修、国内研修を目指して、Minecraft EDU、教育用ブログやドローンといった最先端の教育ツールや機器を活用した21世紀型スキル教育を行っています。
NPO法人スパーサイエンスキッズでは、こども達が自らの才能に気づき、創造性を伸ばし、「科学的思考力」や「芸術的表現力」、「国際性」や「コミュニケーション能力」を主体的に学習できるように”「ICT(Information and Communication Technology)を活用した21世紀型教育の普及”を推進しています。

ワークショップスケージュール画面へ

お知らせ

mBot(ロボット)を使ったプログラミングワークショップ開催案内(京都)

*スーパーサイエンスキッズ関西では”mBot”ロボットを使ったプログラミングワークショップを以下のように開催します。

開催日時: 2018年11月25日(日)  13時~17時makeblock-mbot-blue-stem-educational-programmable-robot makeblock-mbot-pink-stem-educational-programmable-robot-24g-version
場所  : 京都 こどもみらい館 4階 会議室
対象  : 小学4年生~中学3年生
募集人数: 4名
参加費 : 3000円
内容  : “mBot”でロボットの仕組みを学び、mBlock(クラッチ)でプログラミングして動かそう!
~”mBot”(1人1台)を使って、ロボットの仕組みを学び、mBlock(スクラッチ)でプログラミングして動かします。~
1.ロボットって?
2.”mBot”はどのようにして動くの?
センサー類の場所やその機能を説明。リモコンを使ってその機能を確認。
(なお、”mBot”は組み立て済みの完成品にて行います)
3.PCで”mBot”を動かしてみよう!
*mBlock(スクラッチ)の基本機能を説明
*”mBot”を制御するためのソフトを”mBot”にダウンロード
mBlock(スクラッチ)で簡単な命令を”mBot”に送り、リモコンで機能を確認した内容と同じ動きをさせる。
4.ライントレースするためのプログラミングを学ぶ。
5.自分たちが考えた動きをスクラッチでプログラミング(自由制作)
  

参加申し込みはWS開催情報から!

なお、次回開催予定は以下の通りです。
2018年12月16日(日)午後 対象:小学3年生~中学3年生

2018年10月1日

灘高等学校で”AIとディープラーニング”のWS(ワークショップ)を開催しました

623日(土)に灘高等学校の土曜講座で、”AIとディープラーニング”のWSを行いました。今回はプログラミング経験のある生徒さん20名が対象です。目標は、AIとディープラーニングの仕組みを知り、AIの開発を体験学習することです。

今回のWSは、(株)日本HPe-Education Initiativeに協賛して実施しました。

高校生向けの”AIとディープラーニング”のWSにご関心のある方は、下記Webページにアクセスして下さい。

Webアドレス:http://www.npo-ssk.com/wp-content/uploads/2018/06/d06e00bba5f4e0a5c9a7fcde7cbeac1c.pdf

2018年6月29日

東京・恵比寿で夏休みワークショップが開催されます。

7月から9月末まで、恵比寿ガーデンプレイスタワー 31階にある日本ヒューレット・パッカード(株) 恵比寿事業所でもWS(ワークショップ)を開催します。

関東の西側にお住まいの方に便利な場所に教室ができました。

上記期間は、従来の(株)日本HP 本社 (江東区大島)と渋谷区恵比寿の2か所で開催します。

WSの開催予定は、SSKWebサイトのWS開催一覧のページをご覧ください。

Webサイト: https://www.npo-ssk.com/schedule/index.php?mode=plan&work=skip

 

 

2018年6月8日

”スクラッチデーin京都2018” に多くの皆さんに参加いただきました!

”スクラッチデーin京都2018”には、プログラミング体験ワークショップ午前の部に24名、午後の部には25名のこども達が参加し、スクラッチプログラミングを体験してもらいました。また、プログラミング相談会には3名のこども達が製作中の作品ファイルを持参して、サポーターから作品作りへのアイデアや助言を受けました。体験ワークショップに参加したこども達は終了後、スクラッチでプログラミングして動くロボット(mBot)実演を見学しました。当日は大雨が降り足元も悪い中、キャンセルも少なく保護者の方たちを含めると100名を近くの方たちに参加していただきました。スーパーサイエンスキッズとしては昨年に続いて2回目のイベントでしたが、このようにたくさんの方々に参加していただき感謝しております。

主催者:立命館大学情報理工学部協調メディア学科 教授 高田 秀志
NPO法人スーパーサイエンスキッズ関西事務局    小野寺 務

IMG_0172 IMG_0174 IMG_0177

 

 

2018年5月18日
› 続きを読む